ロードバイクに固定してGoProを利用すれば、迫真的な高レベルの動画撮影が可能になる

GoPro(ゴープロ)は、アクティブスポーツの動画撮影に大きく役立つビデオカメラです。

ロードバイクに固定して使用すれば、その場で自分が運転しているかのような迫真的な動画を撮ることができます。

サイクリングが趣味の人は、GoProを自転車で使用すれば、動画撮影に広がりと厚みが出るでしょう。

GoProをロードバイクで利用するメリット

GoProでは高画質な動画が撮影できるため、スポーツ時に利用すれば迫力満点の映像になります。

GoProを自転車に搭載して、サイクリング時の前方風景を撮影した映像は、動画共有サイトで多く公開されています。

撮影の初心者は、YouTubeなどにアップロードされている動画を参考にすれば、効果的な撮影を行うためのヒントになるでしょう。

GoProは自転車に固定するだけで簡単に撮影できるため、撮影知識の乏しい人でも特に問題なく利用できます。

特に長距離移動の場合は、自転車の種類の中でもクロスバイクやロードバイクがよく使われます。

特にロードバイクはかなりの長距離向きに作られており、様々な風景の撮影にも便利なスポーツ自転車です。

軽量な車体で、アップダウンの激しい道にも柔軟に対応できます、他の自転車に比べてスピードが出ることから、GoProでの迫力ある映像の撮影に向いています。

GoProが利用しやすい理由

GoProは映像の綺麗さと共に、使いやすい点に特徴があります。

コンパクトな設計であり、重量も軽く、自転車に固定する上でデメリットはありません。

長距離走行を想定して作られているロードバイクは車体が軽く、推進力に優れています。

しかし、搭載する付属品に重量があれば車体全体も重くなり、安定した走行の足かせになる可能性があります。

GoProのように軽くて、邪魔にもならない小型のものであれば、快適な走行を妨げる要素にはならないため、長い距離を走る際に便利です。

また、取り回しが良好なことから、ハンドルを始め様々な場所に取り付け可能な点もメリットです。

悪天候でも利用可能な防水性

アウトドアで注意すべきことは、突然の天候悪化です。

防水機能の付いていない機種は、無理をして利用すれば故障の原因になる場合があります。

特にロードバイクでは長距離走を行うことが多く、外で過ごす時間が長くなることが一般的です。

そのため、天候の変化に遭遇する確率も高くなるため、防水性に優れたカメラを利用することは大切です。

GoProには防水機能が備わっており、水中撮影で利用する人もいます。

水に強い製品仕様であり、雨天時の利用にも安心感があります。

初心者にも操作が簡単

高性能な機種でも、操作が難しければ使いにくくなります。

特に機械慣れのしていない初心者にとっては、面倒な操作はできるだけ避けたいものでしょう。

GoProは必要最小限の操作で取り扱いができるため、どんな人でもシンプルに利用できる点がメリットです。

サイクリング時の風景を記録に残しておこうと考える場合も、大げさな準備や操作の必要がなく、いつでも活用可能です。

ロードバイクにGoProがよく使われる理由には、こうした手軽さも要因です。

ロードバイクにGoProを固定する位置

GoProをロードバイクなどの自転車で使用する場合は、ハンドルに固定する形が最も一般的です。

操作する際も便利で、綺麗な景色が問題なく撮影できため、おすすめの位置と言えます。

これ以外にも、サドルなどの車体の様々な箇所に、自分の用途に合わせて固定することもできます。

ヘルメットに固定する方法、自分の体に固定する方法もあります。

ヘルメットに固定する方法は、ロードバイクよりも、マウンテンバイクの運転で利用するケースが多いです。

複数でサイクリングを行う場合は、GoProをハンドルに固定すれば前方の仲間のサイクリングを撮影することが可能です。

また、サドルに固定すれば、後方のサイクリング風景の撮影ができます。

マウントの選び方も重要

運転中の撮影は、必ずカメラを固定する必要があります。

ロードバイクの操作中に手持ちで撮影するのは、事故の原因にもなる非常に危険な行為であり、絶対に避けるべきです。

もちろん通常の自転車でも危険ですが、特にロードバイクの場合はスピードが出ているため、いっそう大きな事故につながる危険性があります。

運転中のGoProは必ず固定して利用することになりますが、その際に使用するのがマウントです。

マウントには様々な種類があり、固定場所によっても適切なものが異なるため、用途に合ったものを選ぶことが大切です。

GoPro用のマウントは多くの種類が販売されており、前方や左右の風景、自撮りの撮影など、その場の都合に合わせて撮影箇所を変えることが可能な便利な種類もあります。

安定した美しい動画を撮るためには、マウントの選び方も重要です。

GoProの種類と共に、適切なマウント選びもロードバイクでの撮影に意識しておきたいポイントです。

まとめ

GoProは美しい動画が撮れるのはもちろんのこと、サイクリングで訪れた風景を静止画として収めることもできます。

高画質な映像が撮れるところに特徴がありますが、さらにモデルによっても、画質や機能性に違いがあります。

特に初心者は、自分の用途に基づいて、まずは購入しやすい価格帯の中から探すと選びやすくなるでしょう。