機種によっては通常のGoProと似た機能を持つ中華版の特徴

高い人気を誇るアクションカメラの「GoPro」は、アウトドアスポーツの撮影などに威力を発揮します。

利用したいと思う人も多いですが、ネックになるのは価格です。

高性能なカメラのため機種によっては価格が高く、手を出しにくく感じる人もいるでしょう。

そんな人は、中華版GoProを選択肢の一つとすれば、低価格で高性能なアクションカメラを手に入れることも可能です。

GoProと似たような機能を持つ中華版のアクションカメラ

GoProが人気を集める理由は、撮影に役立つ機能の豊富さと画質の良さにあります。

しかもコンパクトな大きさで、操作性もシンプルであり、自分の身につけたり、自転車やバイクに装着したりすることも自在にできます。

水中撮影や広い角度の撮影も可能であり、GoProを1台所有するだけで、非常にレベルの高い迫力に富んだ動画や画像を記録に残すことができます。

一方で、GoProの人気機種を購入するためには3万~5万円程度の予算が必要です。

中古市場やオークションで探すなど、できるだけ安い価格で手に入れたいと思う人もいるでしょう。

また、GoProに似た中国製のアクションカメラを探す人もいます。

中華版GoProと呼ばれるものであり、実際のGoProとは違いますが、似たような機能で格安購入できる点がメリットです。

通常のGoProと中華版GoProの比較

中華版GoProは1万~2万円台で販売されており、通常のGoProよりもかなり安く購入できます。

1万円台のものでも、アクションカメラとして十分な機能を有し、特に高性能を求めないのであればしっかり活用できるものがあります。

2万円台のものになれば画質も優れており、通常のGoProと比較してもそこまで遜色ない製品もあります。

もちろん詳細に機能を比較すれば劣る面はあるものの、一般的な使用であれば、本家のGoProと似たような機能性を楽しむことができます。

画質の程度を確認

アクションカメラを購入する上で、画質の程度は気になる部分です。

高画質の美しい動画を撮影できることは、スポーツ場面などの臨場感をさらに高めます。

本家GoProの優れた画質は定評があり、それがGoPro人気の大きな理由になっています。

一方、中華版の場合は製品によって画質に違いがあります。

機種の中には4K撮影のできる高性能なものもあれば、その一方で、かなり質の低い画質のものもあります。

いくら安い価格で手に入れても、画質が低ければ使用する意欲も低下しかねないため、購入前には画質の程度をよく確認しておくことがおすすめです。

手ブレ補正機能についても、製品によって差があります。

中華GoProを購入するメリットと注意すべき点

中華GoProを購入するメリットは、機種選びをしっかり行えば、通常のGoProにも劣らないような優れた製品を安い価格で手に入れる可能性があることです。

但し、機種によって性能にかなりバラつきがあるため、その見極めが大切です。

本家のGoProであれば、どのような機種でも確実な機能性を持っているため、比較検討は容易にできます。

しかし中華版の場合は、選択する機種を間違えると、ニーズに合わずに実際の使用に役立たないものを購入してしまうリスクがあります。

特に中華GoProを購入する場合は、情報集めが成否を分けるポイントです。

口コミやレビューの情報が非常に重要

中華GoProは、通販で探す場合がほとんどです。

大手の通販サイトで販売されている中華GoProであれば人気の機種があり、安心感もあります。

購入者が多く、よく知られている機種から選ぶことがリスクを抑える方法です。

通販では実際の製品を手で確かめることはできないため、口コミやレビューの情報が重要です。

どのような製品でもそうですが、特に中華GoProのような機種によって性能に差があるものを選ぶ場合は、販売サイトの商品説明だけでは不十分です。

現実に使用した人の率直な感想もしっかり確認することが、質の低い製品をつかまないためには重要です。

特に1万円台やそれ以下の格安機種では、口コミの情報は非常に大切です。

国内の通販サイトに販売されていない機種でも、海外の通販サイトから購入することは可能です。

但し、海外サイトを利用する場合は、いっそう注意して様々な情報を集める必要があります。

中古市場の本家GoProと新品の中華GoPro

中古市場で本家のGoProを探すか、新品の中華GoProを購入するか、判断に迷うケースもあるでしょう。

中古市場の場合は、中古品ではあるもののやはり本物のGoProという安心感があります。

使用からそれほど年数の経っていない製品であれば、新品に似たものを安く購入できる大きなメリットがあります。

中古品を探す場合は、機能性に問題はなくても、使用頻度や年数によって耐久性がどの程度かを確認しておくことは大切です。

一方、中華GoProは新品の製品を格安購入できる点がメリットです。

万が一、自分のニーズに合わない商品を購入したとしても、もともと割安で購入しているため痛手は小さくなります。

どちらの方法であっても、初めてGoProを利用し機能を確かめたいような人にとっても、財布に優しく手に入れる方法として活用できます。

まとめ

中華GoProは、通常のGoProとは異なる製品である点に注意が必要です。

しかし、GoProに似た機能性の高さがあり、機種によっては高画質を実現しているものもあります。

格安でGoProに似たアクションカメラが欲しいと考えている人にとっては、検討の一つに加えていい製品と言えるでしょう。