GoProでの夜間撮影ってどう?きれいに撮れるの?

旅行やレジャーに人気のGoProですが、イメージ的には昼間のアクティブなシーンでの撮影、と言う感じですね。

でもこのGoPro、実は夜間撮影にも力を発揮してくれます。

上手く設定すれば、降るような星空の撮影もできるのです。

イメージ的には昼のカメラ

GoProとかアクションカメラとか聞くと、昼間のシーンを撮影という感じがするものです。

例えば、サーフィンをしている時とか、登山の時、サイクリングやバイクのツーリングの時などですね。

アクティブで、昼間の太陽の下で使うものというイメージが非常に大きいのは事実です。

特に山でのレジャーの時、もちろん昼間の撮影、登っている最中や休憩中の撮影はお手の物です。

でも山って何よりも夜がまたきれいなんですよね。

見下ろした夜景もですが、近年ではめったに町中では見られなくなった、満天下の星空も山の上では見ることができます。

これを見たくて登山がやめられないという人も、結構多いのです。

昼間に活躍してくれたGoProですが、この夜景とか星空の撮影はどうなのでしょうか。

昼のカメラのイメージからすると、上手く夜間撮影が出来るのかちょっと心配にもなりますね。

でも安心して下さい。

GoProなら夜間の撮影も、大変に綺麗にできるのです。

もちろん夜間撮影用の設定は必要

普通のカメラもですが、撮影に必要な光量が夜間は不足します。

それを補うための設定をしておかないと、もちろん写ったのは真っ暗な闇、ということになってしまいます。

逆を言うと、しっかりと設定をすれば、GoProの夜間撮影は可能、きれいに撮れるということなのです。

まずはナイトフォトモードを使用

GoProにはナイトフォトモードというものがあります。

まずはここで設定をしましょう。

シャッタースピードの調整が、夜の撮影の肝になります。

光量の少ない夜の撮影ですから、シャッタースピードは遅くする必要があります。

遅くすればそれだけ、光量を多く取り込めるからです。

かなり暗い場所での撮影なら、30秒などという超スローに設定するのが良いでしょう。

場合によってはタイプラプスからナイトラプスへ

タイムラプスというのは、長時間の撮影を縮めることです。

つまり、2時間かけて撮った画像を、30秒くらいに短縮させて再生する機能です。

よくテレビなどで、日の出から日没までを通して撮影したものを1分くらいで再生することがありますね。

ああいった感じです。

これに加えて、ナイトラプス機能も使用します。

夜のこうしたタイムラプス撮影用の機能ですので、これを利用するときれいに早送りタイプの撮影ができます。

GoProで星空など撮影する時には、ナイトラプス機能を使っての撮影が最もおすすめです。

これらの機能を使って撮影する時に

こういった便利機能があるので、GoProでの夜間撮影も楽に行なえます。

しかしそのために、事前に用意しておいたほうが良いものや、撮影中に注意しておいたほうが良いこともあるのです。

三脚は用意しておいたほうが

普段GoProなどでは縁のない三脚ですが、夜間撮影の時には用意しておいたほうがよろしいですね。

何と言ってもシャッター速度を遅く設定しています。

いくら軽量のGoProでも、人間そう長くは持ち続けていられません。

手ブレの補正はあっても30秒というシャッタースピードでは、これ人間の手に任せるのは無理です。

軽くても30秒間動かさずに手の中にというのは、試してみて下さい、かなりきついですよ。

固定するか、三脚のお世話になりましょう。

またナイトラプスを利用した撮影の時などはもちろん、三脚がないと不可能ですので用意を忘れないで下さい。

山で星空をきれいに撮りたいなどの場合、ちょっと荷物になりますが三脚はしっかりと用意して出かけて下さい。

夜間撮影に月がじゃまになることも

月というもの、普段はそう明るとも感じません。

月の下で本を読んで勉強などという歌の歌詞もありますが、実際のところ月の発する光量ではこれは無理だそうです。

しかしこの月の光が、夜間の撮影を邪魔することもあるのです。

特に星空の撮影の時には、月の出ている方向や大きさも計算に入れる必要があります。

ただでさえシャッタスピードなど遅くして、光量を取り込みやすく設定しています。

なので星よりも格段に強い月の光量だと、そればかりが強く入り込みすぎて、きれいに星空が撮影できなくなってしまうのです。

できれば新月とか三日月のあたり、少なくとも満月の夜の空の撮影は、控えるほうが賢明です。

変更した設定は戻すこと

夜間撮影のために変更した設定、これは昼間の撮影前にしっかりとチェック、設定し直して下さい。

特にISO感度をいじった時には、戻すことを忘れないようにしましょう。

この手の変更した設定の再調整、意外と忘れてしまうことがあります。

特に撮影がうまく行って舞い上がっている時など、注意が必要ですね。

まとめ

昼間のカメラの印象が強いGoProですが、実は夜の撮影にも大きな力を発揮してくれます。

しかも小さくて軽いので、持ち歩くにも便利です。

出先できれいな星空に遭遇したら、是非撮影をして下さい。

貴重な思い出が残せることになりますよ。